旧味の素製薬の歴史

1956

森下製薬(株)が世界初の結晶アミノ酸輸液「モリアミン®」を発売
味の素(株)川崎工場で医薬用アミノ酸製造を開始し、森下製薬(株)に供給

1957

森下製薬(株)に資本参加

1981

成分栄養剤「エレンタール®」を味の素(株)が開発し、森下製薬(株)より発売

1986

抗悪性腫瘍剤「レンチナン」を味の素(株)が開発し、森下製薬(株)より発売

1991

肝不全用成分栄養剤「ヘパンED®」を味の素(株)が開発し、森下製薬(株)より発売

1995

持続性Ca拮抗降圧剤「アテレック®」を味の素(株)が開発し、森下ルセル(株)より発売
(現在は持田製薬(株)より販売)

1996

分岐鎖アミノ酸製剤「リーバクト®」を味の素(株)が開発し、日本ヘキスト・マリオン・ルセル(株)より発売

1999

速効型食後血糖降下剤ナテグリ二ドを味の素(株)が開発し、ヘキスト・ マリオン・ルセル(株)より「ファスティック®」として発売、同時に山之内製薬(株)より「スターシス®」として発売。 海外ではノバルティス・ファーマ社(スイス)とライセンス契約し、「Starlix®」として2001年に発売
(現在、「ファスティック®」は持田製薬(株)、「スターシス®」はアステラス製薬(株)より販売)

味の素ファルマ(株)※1発足

2002

骨粗鬆症治療剤リセドロネートを国内で味の素(株)、アベンティスファーマ(株)、武田薬品工業(株)が共同開発し、アベンティスファーマ(株) より「アクトネル®」として発売、同時に武田薬品工業(株)より「ベネット®」として発売
(現在、「アクトネル®」はエーザイ(株)より販売)

高機能食品「ミセラピスト®超微粒子β-グルカン」を味の素(株)より発売

味の素(株)が清水製薬(株)を買収

2005

味の素メディカ(株)※2発足

2008

味の素ニュートリション(株)※3発足

2010

味の素製薬(株)※4発足

2012

味の素(株)へ味の素ニュートリション(株)の株式譲渡

2013

経口腸管洗浄剤「モビプレップ®#を発売 エイワイファーマ(株)※5発足

2014

選択的AT受容体ブロッカー/持続性Ca拮抗薬合剤「アテディオ®」を味の素製薬(株)が開発し、持田製薬(株)より発売

※1 味の素ファルマ(株)
ヘキスト・マリオン・ルセル(株)の輸液栄養事業を買収し、味の素(株)の100%出資会社として発足。
※2 味の素メディカ(株)
清水製薬(株)と味の素ファルマ(株)の生産部門(埼玉工場、福島工場)、物流部門を統合。医薬事業の生産・物流機能を担う会社として発足。
※3 味の素ニュートリション(株)
味の素ファルマ(株)100%出資の販促会社として、介護・在宅市場の開拓と医療用食品の販売強化を目的に設立。2010年4月味の素(株)80%、味の素製薬(株)20%に出資比率を変更。また、2012年4月味の素(株)が100%取得し子会社化。
※4 味の素製薬(株)
味の素(株)の医薬事業を分社し、味の素ファルマ(株)、味の素メディカ(株)の2社と統合。研究開発から生産、販売までを担う味の素(株)100%出資会社として発足。
※5 エイワイファーマ(株)
輸液・透析事業を分割し、(株)陽進堂51%、味の素製薬(株)49%の合弁会社として発足。
2016年3月(株)陽進堂が100%取得し子会社化。

会社名は当時のものです。最新の情報と異なる場合があります。

#「モビプレップ®」は、Norgineグループの登録商標です。

EAファーマの歴史

2016

エーザイグループの消化器事業と味の素グループの消化器事業が統合し、EAファーマ(株)発足