製品情報

製品Q&A

リーバクト®配合経口ゼリー Q&A

「製品Q&A」は、医療関係者の皆様からよくご質問頂く事項をとりまとめたものです。
製品の適正使用に関する参考情報であり、すべての事例にあてはまるものではございません。
その他のお問い合わせは、弊社くすり相談室、または担当MRにいただきますようお願いします。

薬理作用

Q.本剤の作用機序は?
A.肝硬変の患者さんでは特異的に分岐鎖アミノ酸(BCAA:イソロイシン・ロイシン・バリン)が低下することが分かっており、この不足しているアミノ酸を補給することで肝臓の蛋白合成が高まり、アルブミン値を改善させます。

参考: インタビューフォーム Ⅴ.3.臨床成績
Q.本剤を投与してもアルブミン値が上昇しない場合の理由は?
A.肝硬変患者では積極的な治療を行なわなければ、アルブミン値は1年で0.15g/dL低下する1)ことが知られています。
アルブミン値が上昇しない理由として次のことが考えられます。(1)BCAAがエネルギー源として利用された2)。(2) アルブミンの合成・分解・代謝回転が改善された3)。(3) アルブミン合成能が著しく低下している、等の理由が考えられます。臨床試験の解析結果では、投与前の血清アルブミン値が2.6g/dL以下の患者では改善効果が認められるものの、効果発現には期間を要することが報告されています。
さらに、血清アルブミンは膠質浸透圧の維持の他に、酸化還元環境能を有しており、肝硬変患者の血清アルブミンは酸化型が多いことが知られております。
本剤を投与しても血清アルブミン値が上昇していないにも関わらず、酸化型アルブミン比が低下することが報告されました4)

参考:
1)山田伸夫,他:北里医学,16:268-277,1986 [別冊№14]
2)加藤昌彦:LIVERSIDE Press,3(5):1-2,1998
3)加藤昌彦, 他:肝臓, 32(7):692-699,1991
4)H Fukushima , et al:Hepatology Research 2007 ; 37 : 765-770

安定性

Q.本剤は冷蔵庫で保管できますか?
A.本剤は室温(1℃~30℃)で保存可能ですので、冷蔵庫(4℃)での保管は可能です。

参考:添付文書 貯法
Q.本剤を凍らしてもよいですか?
A.本剤は室温(1℃~30℃)で保存可能品であり、凍結はできません。

参考:添付文書 貯法

組成

Q.本剤のエネルギー量は?
A.本剤のエネルギーは1個 約17kcal です。

参考:インタビューフォーム Ⅳ.2.製剤の組成

フレーバー

Q.本剤のフレーバーは1箱何袋入りですか?
A.1箱21袋入りです。(3個/日服用として1週間分相当)
Q.本剤のフレーバーの成分について教えてください。
A.グラニュー糖、マルトデキストリン、クエン酸、香料、甘味料(ステビア)です。
Q.本剤のフレーバーのグラニュー糖の量を教えてください。
A.グラニュー糖として1袋あたり0.7g配合しています(社内資料)。
Q.本剤のフレーバー1袋のエネルギーは?
A.1袋1gあたりのエネルギーは、3.8kcal です(社内資料)。

その他

Q.本剤の患者向け服薬指導せんはありますか?
A.個装箱内に、患者向け服薬指導せんを封入しています(B6判両面印刷4枚/個装箱)。その他、医療関係者向けホームページの患者さん指導情報のページにはフレーバーのご案内も掲載しています。

参考:患者さん指導情報

くすり相談室 フリーダイヤル 0120-917719

受付時間:月~金曜日 9:00~18:00(土・日・祝日 9:00~17:00)

※くすり相談室では、お問い合わせの内容を正確に承るため、通話を録音させていただく場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

メールでのお問い合わせはこちら