製品情報

製品Q&A

アルギU®点滴静注20g・アルギU®配合顆粒 Q&A

「製品Q&A」は、医療関係者の皆様からよくご質問頂く事項をとりまとめたものです。
製品の適正使用に関する参考情報であり、すべての事例にあてはまるものではございません。
その他のお問い合わせは、弊社くすり相談室、または担当MRにいただきますようお願いします。

安定性

Q.「アルギU®配合顆粒」を分包した際の安定性は?
A.社内試験の結果、遮光下で乾燥剤を入れて二重包装したグラシンポリ包装では、90日間、同じく遮光下で乾燥剤を入れて二重包装したセロハンポリ包装では、6週間まで含量が規格内でした。そのため、乾燥剤を入れて二重包装し、遮光のために冷蔵庫での保存を推奨しております。

(補足)開封後の安定性は、本剤500gをガラス瓶に充填し、25℃、60%RH、遮光の条件下、6週間開封保存(開封状態)した結果、すべての試験項目[性状、確認試験、崩壊試験、粒度の試験及び含量]において、規格に適合していました。 しかし、水分量を経時的に測定した結果、水分量は増加し(5%未満)、吸湿する傾向が認められています。

参考:インタビューフォーム Ⅳ.製剤に関する項目 4.製剤の各種条件下における安定性

組成

Q.「アルギU®配合顆粒」には、「アルギニン」と「アルギニン塩酸塩」が含まれていますが、2種類になっている理由は何ですか?
A.「アルギニン」は特有の味があり、溶液のpHが高く口腔粘膜への刺激が強いため服用感は悪いとされています。味の改善と、中性に近づけるために「アルギニン塩酸塩」との混合末にしております。

その他

Q.「アルギU®点滴静注20g」を下垂体機能検査などアルギニン負荷試験に使えますか?
A.成分は同じですが効能・効果が異なりますので、適応外となります。

くすり相談室 フリーダイヤル 0120-917719

受付時間:月~金曜日 9:00~18:00(土・日・祝日 9:00~17:00)

※くすり相談室では、お問い合わせの内容を正確に承るため、通話を録音させていただく場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

メールでのお問い合わせはこちら