レクタブル®2mg注腸フォーム14回

Clinical Study「粘膜治癒率」

粘膜治癒率

試験概要

目的:

プラセボを対照とした二重盲検比較試験によりレクタブル®2mg(ブデソニドとして)を1日2回6週間直腸内投与した際の粘膜治癒率を主要評価項目として、レクタブル®のプラセボに対する優越性を検証するとともに安全性を検討する。
また、6週間投与にて治療反応が認められたが粘膜治癒には至らなかった患者を対象に、レクタブル®をさらに6週間継続投与した際の安全性及び有効性を検討する。

試験デザイン:

プラセボ対照無作為化二重盲検多施設共同並行群間比較試験

対象:

軽症から中等症の活動期潰瘍性大腸炎患者126例(レクタブル®群64例、プラセボ群62例)、そのうち継続投与した患者39例(レクタブル®群20例、プラセボ群19例)

投与方法:

レクタブル®1日2回(ブデソニドとして4mg/日)又はプラセボ1日2回を、朝と夜なるべく排便後に直腸内投与した。
投与期間は6週間、継続投与期間は6週間(累計投与期間は最大でも12週間まで)とした。

評価項目:

  1. 有効性の主要評価項目:粘膜治癒率【6週】(内視鏡所見スコア=0点の患者の割合)
  2. 有効性の副次評価項目:粘膜寛解率【6週】(内視鏡所見スコア≦1点の患者の割合)
    寛解率【6週】(以下の3つの条件を満たす患者の割合:血便スコア=0点、内視鏡所見スコア≦1点、排便回数スコア=0点あるいは、0週より1点以上減少)
    血便スコア=0点の患者の割合
    MMDAIスコア≦1点の患者の割合【6週】

その他の評価項目:受容性アンケート
安全性:有害事象、血漿コルチゾール濃度の推移など

解析計画:

主解析として、粘膜治癒率【6週】について、投与群ごとに点推定値及び95%信頼区間を求め、レクタブル®群とプラセボ群の対比を、下記の割付因子を共変量としたロジスティック回帰モデルで設定し、優越性の検定を行った。有意差は尤度比検定を用いた。
・現在の活動期の治療における局所製剤の使用有無(無し、有り)
・本登録日の排便スコア、血便スコア、内視鏡所見スコアの合計(4以下、5以上)
・原疾患の病変部位による分類(直腸及びS状結腸に限局、S状結腸を超えて口側に伸展)
粘膜治癒率については、病変の拡がりによる分類(病型別)を層別因子としたサブグループ解析を行うこととした。有意差はχ2検定を用いた。
継続投与に移行した症例については、血便スコア0点を満たす患者の割合、MMDAIの各サブスコアの推移などについて別途解析を実施した。

利益相反:

当研究はEAファーマ株式会社の支援にて行われた。

患者背景

6週

継続投与

主要評価項目:粘膜治癒率【6週】

粘膜治癒率(内視鏡所見スコア=0点の患者の割合)は、プラセボ群3.2%、レクタブル®群32.8%であり、両群間に有意差が認められた。プラセボ群に対するオッズ比は、17.2〔95%信頼区間:4.5,114.4〕であり、プラセボに対する優越性が検証された。

<用法及び用量に関連する使用上の注意>
本剤投与中は患者の病態を十分観察し、投与開始6週間を目安に本剤の必要性を検討し、漫然と投与を継続しないこと。

国内第Ⅲ相試験(承認時評価資料)
Naganuma M., et al. : J Gastroenterol, 2017 [Epub ahead of print]
DOI 10.1007/s00535-017-1376-4