姫路中央病院

姫路中央病院

クローン病 寛解期栄養・食事指導のポイント

クローン病の治療の目的は、健常人と変わらず普通の生活を普通に楽しく送るためであり、そのためには普段の食生活はとても大事です。今回は”腸内環境”に注目し、ちょっとした工夫で腸が喜ぶレシピを考案しました。

クローン病 寛解期栄養・食事指導のポイント

【クローン病患者様へのメッセージ】

    腸の中には100兆個の細菌が棲みついていると言われており、腸内細菌がお花畑(フローラ)を作っています。腸内にどんな菌がどんな割合で棲んでいるかは一人ひとり異なり、その状態によってお花畑の様子が決まります。このお花畑の様子が私たちの健康と密接に関係していることが最新の研究でわかってきました。クローン病患者においても健常人と比較すると、腸内のお花畑(腸内フローラ)の様子が異なることがわかってきており、そのために炎症が起きやすくなっているとも言われています。

    ~腸内フローラを良くするには~
    腸内に酪酸、プロピオン酸、酢酸などの「有機酸」を増やすことが必要です。この有機酸を増やすには、体内にいる腸内細菌に「短鎖脂肪酸」を作らせることが必要であり、その餌として「水溶性食物繊維(水に溶ける食物繊維)」や「オリゴ糖」が必要となります。
    また、腸内フローラの様子は①善玉菌(免疫機能を活性化し、悪玉菌の増殖を抑える菌)②悪玉菌(腸内のたんぱく質を腐敗させてさまざまな有害物質をつくり出し、老化を速める菌)③日和見菌(状況によって善玉菌になったり悪玉菌になったりする菌)のバランスによって決まります。(理想的なバランスは善玉:日和見:悪玉=2:7:1と言われています)加齢とともに善玉菌が減少し悪玉菌が増加していくため積極的に「善玉菌」を増やすことが必要です。善玉菌を増やすには「ビフィズス菌」や「乳酸菌」を含む食品を摂り、さらに善玉菌の働きを助けてくれる「水溶性食物繊維」や「オリゴ糖」も一緒に摂ることが大事です。

    ~腸内フローラに悪影響を与えるもの~
    1つに「脂肪」があります。クローン病の食事療法として低脂肪が勧められる理由として、脂肪は腸管の蠕動運動を亢進させるだけではなく腸内フローラにも影響を与え、炎症を引き起こす原因にもなっているためです。特に魚類や豆類に含まれる脂肪に比べ、肉類などの動物性の脂肪は影響を与えやすく炎症作用が高いことが言われています。
    さらに、現代ではありとあらゆる食品に使用されている「食品添加物」(保存料、防カビ剤、着色料、香料など)も腸内フローラに悪影響を与えると言われています。

    普段の食生活に「水溶性食物繊維」「オリゴ糖」「ビフィズス菌、乳酸菌」を含む食品を取り入れ、ファーストフードや外食にたくさん使用されている「動物性脂肪」「食品添加物」をなるべく控えることが、きれいなお花で満ち溢れた腸内フローラをつくることにつながり、腸管の炎症抑制、免疫力UPになります。

    同じクローン病であっても患者さん一人ひとりの病状は異なり、食べ物との相性も個人差があります。医師や栄養士に相談しながら素材や量を加減していただき、レシピを参考にしていただけたらと思います。

レシピ一覧