札幌厚生病院

札幌厚生病院

クローン病 寛解期栄養・食事指導のポイント

自分の体調管理をするために、安全で安心な食事を心がけたいものです。
又、個人に あった食品選択や調理の工夫をすることで
毎日の食事を楽しくすることもできます。
当院で実施したレシピが皆様の参考になれば幸いです。

クローン病 寛解期栄養・食事指導のポイント

【緩解期を継続するためのポイント】

  • 1.低脂肪食(脂質コントロール食):病状にあわせた脂肪の摂取が必要です。
  • 2.低残さ食:病状にあわせた食物繊維の摂取が必要です。
  • 3.必要な栄養をとりましょう
    成分栄養剤と食事(食品)の調整で必要な栄養量を確保しましょう。
    調整には個人差があります。主治医と相談しましょう。
  • 4.調理の工夫と注意点
    ①調理方法の基本は煮る・焼く・炒める・蒸すです。
    ②油の使用は控えましょう。体調によりしそ油やオリーブ油を少量(大さじ1杯程度)利用しましょう。
    ③食欲が出る料理の色彩や盛り付けに気を配りましょう
  • 5.食品選択の工夫
    ①新鮮な食品を選択しましょう(旬の食品を利用しましょう)
    ②乳製品の摂取には個人差があります。自分にあった食品を選択しましょう。
    ③魚の摂取を増やしましょう(肉中心にならないようにしましょう)。
    ④消化の悪い・食物繊維の多い食品は避けましょう。
  • 6.エリミネーションダイエット
    自分にあった食品をみつける食品選択法です。 3日間同じ食品を継続して摂取して自己評価(全身の状態・腹部の痛み・下痢の回数・血便の有無)します。

レシピ一覧