MR職
2010年入社
医療保健学部卒

現在の仕事を教えてください。

横浜市内の基幹病院を担当し、医師、看護師、薬剤師に自社製品の情報提供をするのが私の仕事です。 特に、入社2年目から担当している1つの病院は、当社の「エレンタール」という成分栄養剤がお役に立てる「クローン病」の患者さんが、全国から年間1,000名近く集まる病院です。この病院を担当してからは、「クローン病」の権威である先生の講演会に随行し、全国に出張することも増えました。担当する先生が講演される場に立ち会い、治療の最前線のお話を間近で聞くことができるのは、大変貴重な経験です。また、その先生から全国の先生に「エレンタール」の有用性を伝えて頂くことも大事な仕事です。

「エレンタール」は、「クローン病」という疾患だけでなく、「慢性膵炎、癌の化学療法で食事が十分に摂れない」など、多くの患者さんの栄養管理にお役に立てる医薬品であり、先生方からも興味を持ってお話を聞いて頂けます。

自社製品の有用性を訴求し、それが先生に認められ、処方に結び付いた時は大変嬉しく、この仕事をしていて良かったと感じる瞬間でもあります。

仕事をする上で大切にしていることはありますか?

仕事をする上で大切にしていることはありますか?

得意先の医療関係の方が、どんなことで困り、何を必要としているのかを知るために、相手の話をよく聞くようにしています。こちらから一方的に話をしても、相手が必要としている情報でなければ、興味を持って頂くこともできません。なので、まずは相手の話をよく聞き、ニーズを引き出し、一緒に解決していけるような提案をするようにしています。

その中で自社製品が役に立てることもありますし、他社の製品を必要とされているという結論に至ることもあります。それはそれで良く、そういった話をする中で、信頼されるMRになっていければと思っています。これは今の上司から教えられたことであり、常に大切にしていることです。

上司や先輩、後輩はどんな人ですか?

素敵な人ばかりで会社の雰囲気はとても良いです。上司や先輩は、いつも温かく、経験豊富で、得意先からの信頼も厚く、なんでも相談できる存在です。後輩は明るく真面目で、こちらが刺激を受けるほどしっかりしています。当社の魅力は「人」だと思います。

性別に関係なくMR活動はできますか?

今は他社も含め女性MRの割合も多く、非常に活躍している姿をたくさん見ます。細かい心配りなど、女性ならではの良さを生かせる仕事だと思います。また、産休育休を経て、育児をしながらMRとして活躍されている先輩MRも身近におり、私もそんな先輩のように長く仕事を続けていきたいと思っています。

プライベート(土日)はどう過ごしていますか?

プライベート(土日)はどう過ごしていますか?

一人の時は好きな料理や読書など、仕事とは関係ないことをして過ごしています。また、年に何回かは、同期で旅行をしています。ここ最近ですと、アメリカや、九州に行ってきました。

入社後半年間は、MRになるための研修を全員泊まり込みで受けます。その研修で、同期とは家族のように仲良くなりました。今でも一緒に旅行に行ったりできるのは嬉しいことです。

学生の方へメッセージを!

就職活動中は、辛いことも、嫌になることもあるかもしれません。私も就職活動中、うまくいかない時があり、大変悩みました。しかし、今振り返ってみると、今皆さんが行っている就職活動があったからこそ、自分のやりたいことをじっくり考えることができ、縁のある会社が見つかったと思います。

就職活動中に大切にしていたのは、「礼儀正しく/笑顔で/元気に話す!」でした。自分の気持ちをまっすぐに伝えれば、相手にはきっと伝わります。色々な会社を見て、当社が良いと思って頂けたら、まっすぐにその気持ちを伝えて下さい。入社後一緒に働けることを楽しみにしています!

ある日のスケジュール
  1. 8:00 卸2~3社訪問、情報交換
  2. 10:00 営業所(メールチェック、打ち合わせなど)
  3. 12:00 病院(開業医、総合病院1~2軒訪問)
  4. 14:00 昼食
  5. 15:00 病院(開業医、総合病院1~2軒訪問)
  6. 17:00 病院(基幹病院訪問)
  7. 20:00 上司に活動報告後、帰宅