製品情報

製品情報

ELENTAL® Information

※エレンタール®の正式名称は「エレンタール®配合内用剤」です。

エレンタール® 服用方法

経口服用

液体で服用

アルミ袋入り製剤の調整方法動画はこちら

  • 1
    溶解ボトルに、
    水またはぬるま湯を
    約250mL入れます。
    ※目盛は刻印のため、
    実際には透明になります
  • 2
    エレンタール®
    1包(80g)を入れ、
    ふたをしっかり閉めます。
  • 3
    よく振って溶かします。
    お好みでフレーバーを入れてください。
  • 4
    約300mL(約1kcal/ml)の溶液になります。
    カップなどに移して飲みます。
    ※使用後の溶解ボトルは、よく洗浄し、乾かして保管してください

ボトル入り製剤の調整方法動画はこちら

  • 1
    使用時にアルミ袋を開け、中からボトルを取り出します。
  • 2
    水またはぬるま湯 (30〜40℃)を、容器の半分くらいまで入れます。
    ※熱湯は入れないでください
    ※お好みでフレーバーを
    入れてください
  • 3
    ふたを閉め、ボトルを
    振って粉を溶かします。
  • 4
    水またはぬるま湯を、
    「約300mL」のメモリまで入れ、もう一度振り混ぜて出来上がりです。

服用の工夫

専用のフレーバーがあります 「ドリンクミックス」<味は10種類>

エレンタール®に味をつけて飲むことができます。主治医、または薬剤師、栄養士等に相談してください。

  • 「ゼリーミックス」
  • 「水で作れるゼリーミックス」
  • 「ムースベース」

経管法という摂取方法もあります

内径1mm程度の細いチューブを鼻から胃、十二指腸入り口まで挿入し、
エレンタール®を注入する方法です。

こんな患者さんには経管法もお勧めです。

  • エレンタール®の服用量が多い
  • 手術を何度も繰り返し腸が短い
  • 経口での摂取が難しい
    (下痢、脱水等)

利点や欠点を理解して、自分にあった投与法を主治医と相談して決めましょう

利点
昼間の活動で、栄養剤を経口摂取する必要がなく、寝ている間に必要用の摂取ができるため安定した
栄養管理が可能です。また、味を気にせず摂取できます。
欠点
チューブ挿入により鼻やのどに違和感を感じたり、慣れるまでは気になったり、眠れなかったりすること
があります。また、準備やチューブ等の管理が面倒だったりします。

詳しいことは、主治医にご相談ください。

経管法の説明動画はこちら

ゼリー状に固めて服用

水で作れるゼリーミックスを使用して調整動画はこちら

※必ず①〜⑦の順で調整してください。手順通り調整しないと固まりません。
※お湯で調整する「ゼリーミックス」とは調整方法が異なりますので、十分にご注意ください。

  • 1
    溶解ボトルに水150mLを入れます。
  • 2
    「水で作れるゼリーミックス」を1袋入れます。
  • 3
    フタをして、良く振って混ぜてください。
  • 4
    必ず、③で作成したゼリー液の中に、エレンタール®1包(80g)とお好みでフレーバーを入れます。
  • 5
    50回(約15秒)を目安にしっかりと振ってください。
    ※ゼリー状に固まりかけたものを、過度に振り続けると固まらないことがありますのでご注意ください
  • 6
    混ぜ合わせた後、すぐにゼリー状に固まり始めますので、速やかにお好みの器に移してください
    (出来上がりは約200mLになります)。
  • 7
    冷蔵庫で30分ほど冷やします。
    ゼリー状に固まったら早めに
    服用してください。
    ※使用後の溶解ボトルは、よく洗浄し、乾かして保管してください

調整方法に関する注意事項 ※下記の方法では振っても固まりません

  • ボトル入り製剤に水と「水で作れるゼリーミックス」を加えないでください。
  • ボトル入り製剤に③で作成したゼリー液を加えないでください。

ゼリーミックスを使用して調整動画はこちら

  • 1
    まず、溶解ボトルに熱湯をいれて容器を温めます。
    お湯を捨て、再度、熱湯を約100mL入れます。
    ※「ゼリーミックス」を低い温度のお湯で溶かした場合、または、しっかりと溶かしきれていない場合は、固まらないことがあります。
  • 2
    「ゼリーミックス」を
    1袋入れます。
  • 3
    マドラーなどを使い、
    1分以上よくかき混ぜて
    ください。
    ※かき混ぜる祭は、容器が熱くなっている場合がありますのでご注意ください
  • 4
    溶かしたゼリー液に
    150mLのメモリまで水を
    加え、軽く混ぜて人肌まで
    冷まします。

アルミ袋入り製剤の場合

  • 5
    エレンタール®1包(80g)と
    お好みでフレーバーを入れます。
  • 6

    ふたを閉め、容器の上部を持ち、
    まわすように混ぜ、
    粉を溶かします。

    ※フタにねじのついていない容器で撹拌する場合は、熱くなったゼリー液が飛び出す可能性がありますので、ご注意ください。

  • 7
    お好みの器に移してください
    (出来上がりは約200mLに
    なります)。

ボトル入り製剤の場合

  • 5
    お好みでフレーバーを入れ、
    溶かしたゼリー液をボトルに
    移し替えたらしっかり閉めて
    ください。
  • 6

    ふたを閉め、ボトルの上部を持ち、まわすように混ぜ、
    粉を溶かします。

    ※フタをしっかり閉めていない場合は、熱くなったゼリー液が飛び出す可能性がありますので、ご注意ください。

  • 7
    お好みの器に移してください
    (出来上がりは約200mLに
    なります)。

8
冷蔵庫で30分ほど冷やします。
ゼリー状に固まったら早めに服用してください。

※使用後の溶解ボトルは、よく洗浄し、
乾かして保管してください

経管服用

  • 準備準備
  • チューブ挿入チューブ挿入
  • 片付け片付け
  • 出張や旅行の時に出張や旅行の時に

【患者さんへご紹介用】
フレーバーのご案内