部分集団解析(5ASA製剤使用別)

レクタブル®2mg注腸フォーム14回

Clinical Study「部分集団解析(5ASA製剤使用別)」

主要評価項目である粘膜治癒率の部分集団における結果【6週】[サブグループ解析]

メサラジン注腸、メサラジン坐剤、サラゾスルファピリジン坐剤使用状況別

5-ASA注腸・坐剤の未使用例の粘膜治癒率はプラセボと比し有意差が示された。

経口メサラジン、経口サラゾスルファピリジン用量別(最高用量未満、最高用量)

経口5-ASA製剤の最高用量未満例、最高用量例ともに、粘膜治癒率はプラセボと比し有意差が示された。

国内第Ⅲ相試験(承認時評価資料)
Naganuma M., et al. : J Gastroenterol, 2017 [Epub ahead of print]
Naganuma M., et al. : J Gastroenterol, 53(4), 494, 2018