MR職
2012年入社
農学部卒

学生時代に学んだことで、MRに活かせていることはありますか?

学生時代に学んだことで、MRに活かせていることはありますか?

学生時代は生物学を専攻していたので、その時学んだ身体の構造や遺伝の仕組み、ホルモンの働きなどの基礎的な知識は現在も役立っています。ただ、そういった専門的な知識と同じくらい役立っているのが、学生時代に友人と行った旅行先での体験であったり、アルバイト先で得た料理やお酒の知識、一人暮らしで苦労した経験といった、本当にささいな経験や知識です。

先生方とコミュニケーションを取る際、そういった学生時代の経験や知識から思わぬ形で話が盛り上がり、良好な関係を築くことが出来たことがこれまでに何度もあります。学生時代に色々なことを経験し、人としての引き出しを多く持っていると、それが強い武器になると思います。

入社後の研修は充実していますか?

入社後の研修は非常に充実していると思います。まず約2週間かけて社会人として身に着けておくべき基本的なマナーやスキルを学び、MR職はその後約5ヶ月間の研修に移ります。この研修では基礎的な薬学や疾患の知識、自社製品の知識はもちろん、プレゼンスキルやPCスキル、MRとしてのマナーや倫理観といった、MR活動を行う上で必要な知識や技能、態度を学びます。文系出身で、MRという職種に不安を抱いている方がいらっしゃるかもしれませんが、全く心配ないと思います。その証拠に私の同期も半数は文系出身でしたが全員がMR認定試験に合格し、現在はMRとしてバリバリ活躍しています。

現在の仕事を教えてください。

現在の仕事を教えてください。

地域の中核病院やクリニック、調剤薬局を訪問し、医師や薬剤師をはじめとした医療関係の方に自社製品に関する情報や医学・薬学に関する最新情報などを提供しています。鹿児島は離島も多く、それぞれの島にも病院やクリニックがあるので定期的に訪問します。私は種子島と屋久島も担当しています。活動としては診察の合間や診察終了後の面談が基本で、他には自社製品の説明会、研究会の開催などがあります。

当社では扱う製品の特性から、医師や薬剤師だけではなく、看護師や栄養士、検査技師といった方々とも幅広く関わりを持ちます。たとえば大腸内視鏡検査等で使用する「モビプレップ」という経口腸管洗浄剤は、看護師や内視鏡技師が患者さんに服用方法を説明するので、医師や薬剤師と同様に服用方法を正確に伝達する必要があり、そのために何度も足を運び、使用状況の確認や最新の情報提供を行います。

MRという仕事は患者さんと直接関わることはありませんが、医療関係の方から、「患者さんの容体が良くなった!」、「患者さんが今までの薬より服用しやすいって言ってたよ!」という話を聞くと、自身の活動が患者さんの治療に貢献できたことを実感することができ、MRとしての喜びややりがいを感じます。

上司や先輩、後輩はどんな人ですか?

職場は非常にオープンな雰囲気で、何か困ったり行き詰ったりした時は仕事のことはもちろんプライベートなことでも上司や先輩に気兼ねなく相談できます。営業所内だけでなく支店内の雰囲気も良く、営業所の垣根を越え、支店長を中心に全員が一丸となって仕事に取り組んでいます。会議等で集まった際は他の営業所の年齢が近い先輩や後輩と飲みに行って若手間の交流を深めています。

学生の方へメッセージを!

その会社の雰囲気や自分に合った会社なのかを判断するには、そこで働いている社員に会って話を聞いてみることが一番だと思いますので、まずは会社説明会などに参加して、その会社の「人」を見てみることをお勧めします。

内定を取ることに捉われるあまり、無理に自分を作ってしまいがちですが、自分がどういった人間なのかを素直に見せることが一番重要だと思います。 ストレスが多くかかる時期とは思いますが、適度に息抜きをしながら頑張ってください。

ある日のスケジュール
  1. 8:00 医薬品卸2~3社訪問、情報交換
  2. 10:00 営業所(メールチェック、アポイント依頼、資料チェックなど)
  3. 12:00 総合病院、開業医1~2軒訪問
  4. 14:00 昼食
  5. 15:00 総合病院、開業医を3~4軒訪問
  6. 19:00 営業所(上司に業務報告、翌日の準備、資料作成、特になければ直帰)
  7. 20:00 帰宅