慢性便秘症疾患啓発サイト
「イーベンnavi」公開のお知らせ

2019年5月24日
EAファーマ株式会社

 EAファーマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松江 裕二、以下EAファーマ)は、便秘症でお困りの患者様とそのご家族の皆様、および便秘症の診療に携わる医師等の医療関係者の皆様向けに、慢性便秘症の情報を提供する疾患啓発サイト「イーベンnavi」を公開しましたのでお知らせいたします(一部コンテンツについては、本年3月下旬に先行開設)。

 便秘症は、若年層では女性に多く、高齢者では男女ともに罹患比率が高い疾患です。また、特に小児が罹患した場合には重症化しやすいといわれています。排便回数の減少に加えて、残便感、硬便等の症状が認められ、慢性化することで、多くの患者様はQOL(生活の質)の低下に悩まされています。しかし、患者様の多くは、医療機関で診療を受けることがないため、疾患としての認知が低い疾患といわれています。また、患者様が困っている症状(腹部の膨満感)と医師が診療において重視する症状(排便回数の減少)が異なるため、どのような症状を改善すればよいかという点について、患者様と医師との間に相違が生じることから、患者様の慢性便秘症治療における満足度があまり高くないとの報告もございます1)

 本サイトは、「患者さん向けサイト」と「医療関係者向けサイト」の2つのサイトで構成しています。
 「患者さん向けサイト」では、成人の便秘を対象とするページだけでなく、小児の保護者の皆様向けのページを設けており、慢性便秘症について正しく理解していただくために便秘の症状やその原因、便秘が長期化することによるリスクや治療方法について説明するほか、患者様の排便状況を記録できる資材をダウンロードいただけます。
 「医療関係者向けサイト」では、成人の便秘と小児の便秘診療に携わる医師等の医療関係者の皆様向けに、患者様の治療満足度を上げるための慢性便秘症診療に関する最新の情報を提供するとともに、診療時にご使用いただける資材を掲載しています。さらには、本サイトを監修いただいた先生方の慢性便秘症に対する治療戦略を紹介するコンテンツもございます。

 EAファーマは、「イーベンnavi」を通じて一人でも多くの方々に慢性便秘症に対する理解を深めていただき、様々な病態背景を持つ慢性便秘症の患者様やご家族、そして医療関係者の皆様のニーズの充足とベネフィット向上に貢献できるよう努めてまいります。

1) 三輪洋人ほか: Therapeutic Research, 2017; 28(11): 1101-1110

以上

参考資料

1. 慢性便秘症疾患啓発サイト「イーベンnavi」について
・サイト名称:イーベンnavi
 「イーベンnavi」は、「患者さん向けサイト」、「医療関係者向けサイト」に分け、「患者さん向けサイト」では慢性便秘症について正しく理解していただくための情報を、「医療関係者向けサイト」では日頃の診療にお役立ていただける情報を提供いたします。
●患者さん向けサイト
 https://www.e-ben.jp/
●医療関係者向けサイト
 https://www.e-ben.jp/medical/
トップ画面画像

トップ画面画像

*「子供の便秘」ページ
 トップ画面画像

*「小児の患者さんを診察する先生方へ」ページ
 トップ画面画像


2. EAファーマ株式会社について
 エーザイ株式会社の消化器事業子会社であるEAファーマは、エーザイグループが60年以上取り組んでいる消化器事業と、アミノ酸をコアとする味の素グループの消化器事業が、2016年4月に統合して設立された、研究開発、生産物流、営業・マーケティングのフルバリューチェーンを有する消化器のスペシャリティ・ファーマです。
 EAファーマ株式会社の詳細情報は、http://www.eapharma.co.jp/をご覧ください。

ニュース一覧へ戻る