新規ベンチャーファンドへの出資に関するお知らせ

2019年8月29日
EAファーマ株式会社

 EAファーマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松江 裕二、以下 EAファーマ)は、このたび、Remiges Ventures(拠点:東京、米国ボストンおよびシアトル、代表:稲葉 太郎)が設立したRemiges BioPharma Fund Ⅱ, LP(以下 本ファンド)に対し、最大累計で10百万ドルを出資する契約を締結しましたので、お知らせいたします。

 EAファーマは、消化器疾患領域のスペシャリティ・ファーマとして、「炎症性腸疾患」、「肝臓疾患・膵臓疾患」、「機能性消化管疾患」、「粘膜障害」、「内視鏡・手術周辺」を重要な立地と位置付け、医薬品および医療機器を中心に、アンメット・メディカル・ニーズの高い領域でのソリューション提供を目指しています。

 本ファンドへの参画により、EAファーマは、日本・北米・欧州・イスラエル等の早期シーズを有するベンチャー企業とのネットワークを構築・強化することで、EAファーマ独自の革新的イノベーション創出につなげていきます。また、Remiges Venturesへ社員を派遣し、医薬品および医療機器の革新的イノベーションについて、グローバルでの目利き力を有する人材を育成します。
 EAファーマは、今後も消化器疾患に悩まれている世界中の患者様やそのご家族、そして医療従事者の皆様に貢献してまいります。

■本ファンドの概要

ファンド名 Remiges BioPharma Fund II, LP
(レミジェス・バイオファーマ・ファンドII)
設立時期 2019年6月
活動拠点 日本 東京、米国 ボストン・シアトル
ファンドの規模 最大150百万ドル
ファンドの期間 10年間
投資分野 シード・アーリーステージの医薬品および医療機器
投資地域 北米・欧州・イスラエル・日本
URL www.remigesventures.com

以上

参考資料

■EAファーマ株式会社について
 エーザイ株式会社の消化器事業子会社であるEAファーマは、エーザイグループが60年以上取り組んでいる消化器事業と、アミノ酸をコアとする味の素グループの消化器事業が、2016年4月に統合して設立された、研究開発、生産物流、営業・マーケティングのフルバリューチェーンを有する消化器のスペシャリティ・ファーマです。
 EAファーマ株式会社の詳細情報は、http://www.eapharma.co.jp/をご覧ください。

ニュース一覧へ戻る